<巻頭言>

 地球時代を生きる輝かしき詩人よ 長島一比古

<論文>

 噂の機能と内的ユートピア ― 『最後の物たちの国で』におけるディストピアと疑似ユートピア ― 日中鎮朗

 “Ran-gaku(Dutch learning)”and“Oranda-tsuji(Dutch interpreters/translators)”in the Japanese History of Forein Language Education 西川(ヴァンエーステル)雅子

<研究ノート>           

 財務会計と会計監査に関する一考察 燕谷雅人

<授業報告>
 高校における2年間の英語多読プログラムの成果
長森清

<論文>
  『ボートの三人男』におけるユーモアの一考察 橋智朗
                      
 作品世界を構築する作家の戦略 ― W・フォークナーの長編小説『八月の光』における推敲の意味するもの ―
                      樺山弘盛

A5判・109
定価
1900円+税
2014
年2月発行
ISBN978-4-8301-1248-5

文化書房博文社

BACK
異文化研究10

目 次