異文化研究2

<はじめに>

 もとめられる現実 齊藤昇

<特別寄稿>

 身内から見た小泉八雲 ―八雲没後100年にあたり― 小泉時

<学術論文>

 『ドラキュラ』 ―ドラキュラは誰だったのか?― 吉村純司

 企業統治改革における最近の日米の議論とその異同 植田卓

 「世紀末」イギリス文学と大正期の文壇 ―シモンズとワイルドの影響について― 鏡味國彦

 岡倉天心の文学的二元性 The Book of Teaに見る東西融合の巧み― 東郷登志子

 A Study of the Attitudes of Mind and English Intonation Used in Titanic Sayako MIYAUCHI

 祈りの一側面 高麗俊介

 ジェロームの機械文明批評 Novel NotesThe Dancing Partner”を中心に― 高橋智朗

 食文化を支える技術 ―ポルトガルと日本の水車を中心に― 小坂克信

目 次

ISBN4-8301-1068-6
文化書房博文社
2005年10月
1800円+税

BACK